« A | トップページ | 頑張ろう »

2011年10月13日 (木)

愚痴

事故を起こしてしまってからとても心が不安定です。

阿呆みたいに顔をくしゃくしゃにして、ぼろぼろ泣いています。
電気はつけていません。はっきりとものを見たくないのです。

小さいころからずっと、まじめな優等生だと見られます。
眼鏡のせいでしょうか、あまり笑わないからでしょうか。なぜかは知りませんが、誰からも「あなたならできる」と言われてきました。
しかし自分は、他人が見ているよりもずっと、ものぐさで努力したくなくて、どうしようもない人間なのです。自分で言うのもなんですが、あまり努力しないでも少しはもののわかる頭をもっていて、そのせいで「あの人は勉強熱心なんだ」と思われてしまいます。強迫も手伝って、さらに面倒くさがりに拍車がかかっています。
結局努力の仕方を知らないまま、とうとうこんなところまで来てしまいました。壁を乗り越える経験があまりなかったもので、失敗・挫折にとても弱い人間ができあがってしまいました。
失敗が怖い。挫折が怖い。でも、努力はしたくない。
そんなことでは駄目なことはわかっているが、いったいどうすればいいんだ。
今は何もしたくない。何もしたくないのです。寝ることもしたくない。誰もいないところへ消えてしまいたいです。
なんでこんな人間なのだろう。

|

« A | トップページ | 頑張ろう »

コメント

うちの姉が仮免許まで取ったんだけど、三回も筆記試験に落ちて本免許手前で頓挫してるんだよ。
俺は姉ちゃんに運転は向いてないって言ったんだけどね、離婚してから子供二人を一人で育てるって豪語してるからだろうけど、どうしても車がいるって言ってさ、それで知り合いが教官をしている免許センターに通うようになったんだ。
まあ、免許を取ることはいいさ、でも、問題はそこからだ。
実際に路上を走れば、事故なんて日常茶飯事なんだ。
いくら自分が気をつけていても、すこし運転が苦手な人とすれ違ったら貰い事故くらい普通にありえる。それを回避するくらいの意識で運転しないと、いつか必ず事故を経験するよ。
と、一応脅しておいた。
あいにく、まだ免許すら取得できていないから、事故にも至っていない。
けど、これで免許を取得したら、家族として覚悟しておかないといけないと思っている。

最悪、事故するまではいい。
良くないのは、障害が残るような怪我をしたり、死んでしまったりすることだ。
それでも、自分だけ死ぬならまだいいよ。
乗せてた子供を死なせてしまったり、相手を死なせてしまったりしたら、後悔してもしきれない。

事故は誰にでもありえること。
だから、そこまで落ち込まなくて大丈夫だよ。

あと、相手に怪我をさせたみたいだけど、
むちうちっていうのは事故の時は誰でもいうことだからね。
事故にあったらまずむちうちと訴える。
これは常套手段。すごく当然なこと。
でないと、お金を貰えないからね。
保険を使ってもらえれば、仕事をしている人ならその給料に見合った分のお金が保険会社から支払われる。
むちうちは、医者もはっきりと診断できないから、自己申告が通る場合が多い。
だからまずはむちうちと言っておくんだ。
つまり、大概は嘘なんだよ。
とりあえず言っておけば間違いが無いセリフなんだ。
事故のときはすぐに長年運転をしている人に電話をして、アドバイスを貰うといいよ。
相手が無保険だったりすると示談になることも多いし、自分に非があっても立ち回り次第で優位に立てることもある。
とにかく、すぐに知り合いに電話して現場にきてもらうようにするのが正解。
失敗した時に落ち込まないためには、失敗した時の準備を事前に完璧にしておくしかない。
備えあれば憂いなし、だね。

投稿: 弧雨 | 2011年10月19日 (水) 23時57分

この記事へのコメントは終了しました。

« A | トップページ | 頑張ろう »