« | トップページ | 物語のかけら »

2014年10月15日 (水)

安らぎとはなんだろうなと思うのです。強迫観念は常に頭のなかにあります。布団の中に入っていてもソファに座っていても。
常に不安なわけではありませんが、何かが視界の中で動くのを虫かと思ったり、少しの汚れが気になったり、不安は簡単に呼び起こされます。それらを事前に防ぐことはできないので、何かが気になる度に対処しなければなりません。
布団の中は聖域と言えますが、もしかしたらベッドの上に虫が飛んでくるかもしれないし、朝になれば起きてベッドから降りなければならない。実家にいる時よりは聖域とそれ以外の壁は大分薄くなっていますが、それでもそこから降りることが億劫なことには変わりがありません。
一日でいい、何も気にしないで暮らしてみたいね。叶わないだろうけれどね。

☆☆☆

近日中に生活環境が変わるかもしれません。変わらないかもしれません。
変わるとしたらかなりの大きな変化になりますが、なんとかなったらいいなあ。

|

« | トップページ | 物語のかけら »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。